スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さやを保護して思った事 

最後の記事(2008/9/7)から数日後、さやは亡くなりました。


うちにいたのは25日間、散歩は10回くらいいけたかな?

死にそうな状態を乗り切れば徘徊が始まり、(当時の)仕事から帰宅すれば、部屋中が踏み散らかしたウンチだらけ。

医療費もペットシーツ代もかさみ、大変な毎日でした。

それでもなんとか生かしてあげたいと思いましたが、残念ながら彼女を元気にしてあげる事はできませんでした。



どんなふうに生きてきて私のところに行き着いたのか?

想像しか出来ませんが、幸せに溢れていたとは考えにくいところです。


結局、ペットと呼ばれる動物達の幸せは、全て人間の手にかかっているということ。

虐待するのも人間であれば、それから守り、救うのも人間。

ならば、自分は出来る限り、動物達を幸せにしてあげたい。

と、さやの亡骸を前に思ったものでした。

スポンサーサイト

 

少し間が開きましたが、さやは元気にやってます∪・ω・∪
飯もガツガツ食ってるし、ほんの少しだけですが散歩も行けるようになりました。

早く健康な身体になって欲しいと願ってます。

 

20080902043420.jpg

分かりにくいですけど、鼻の頭に食べ残しがついてます^^
自力でご飯食べれるようになってきました。

車が近くを通ると耳を動かして聞いてみたり、声も出るようになってきました。

寝てる表情も穏やかになってきたかな?


貧血、フィラリア、乳腺腫瘍。

先はまだまだ長いけど、少しずつ進んでいくしかないね!

 

さやの流動食と水を用意して、さぁご飯だよ、と近づくと・・・

もそもそと顔を起こして自分で水を飲み始めました!

ひたすら一気飲み・・・(^^;

水だけじゃあれなので、途中から流動食を混ぜて・・・
そのうち腹が膨れてきたのか目が閉じてきてうとうと・・・

なんとか完食して再び寝ましたとさ。

物音にも反応するようになったし、表情もだいぶ和らいできてひとまずは良かった良かった。

このまま順調に回復すれば、今後はフィラリアの治療、そして乳腺腫瘍の手術、と進んでいくわけで。
いずれはもとから居る犬達とも一緒に生活できるように訓練しなければいけないし。

先はまだまだ長いけれど、明日突然終ってしまうよりかは何倍もいいやね。

首輪 

20080831064717.jpg

一時は危ない状態でしたが、なんとか乗り切って落ち着いてます。

流動食を口に流し込み、更に水で流し込んで食べさせている状態。
それでもたまに起き上がるくらいの気力はあるようです。

なんとか自力で飯を食えるように回復してほしい。
こまめに介護してあげなきゃね。


危ない状態になった時に、最初からしていた青い首輪を取ってみました。

ボロボロでした。

でも過去において、さやに首輪をつけた人間が必ずいるはず。

首輪をつけた時に何を思ってつけたのだろう?
今の状態を見たらどう思うだろう?

そう思うと首輪を見ながら悲しくなってきました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。